クリニックで働く医師求人を探す,個人で開業したい人や院長を目指す人,将来の働き方を考慮する,自分の役割を考える,開業を目指す人にも
街の人の健康を守る街のクリニックの医師を目指す,クリニックの医師求人
頼りになる存在そんなかかりつけ医を目指してみませんか。

TOP 研修医のための医師求人

研修医のための医師求人

現在、医師として働くためには必ず研修医として2年間働かなければいけません。法律で義務付けられる様になりました。

そして、研修期間は前期と後期に分けられる事もある様です。前期では一通りの診療科について学びます。そして、後期はかなり実習に近い形で行われます。

前期と後期は違う病院で研修を受ける事も可能です。研修医のための医師求人を出している病院もあります。研修医のための医師求人は通常の医師募集とは異なります。

研修医はあくまでも研修期間ですので、学ばないといけない事が多かったり、メインの仕事というよりはお手伝いの様な仕事が多くなる事もあります。

一人前の医師として働ける様になるために、仕事に一生懸命取り組みたいですね。きっと立派な医師になる事ができるでしょう。

  1. 医師不足のために医師非常勤、転職、募集
  2. 医療機関からの医師求人情報を見逃さないで
  3. 医師求人に申し込みをする際の年齢
  4. 医師求人で病院の当直募集に応募する長所と短所
  5. 当直応相談の医師求人の選び方
  6. 医師求人はネットで多くかけられています
  7. 医師求人で病院へ行った時には
  8. 多様化している医師求人
  9. 医師求人の充実さについて
  10. 女性のフリーランス医師求人
  11. 求人サイトにおける医師求人の傾向
  12. 医師求人が多い科目について
  13. 医師求人募集からみる就職事情

医師不足のために医師非常勤、転職、募集

最近になって、医師の求人サービスがネット上で展開されているのをよく見かける様になりました。

応募者は医師求人サービスをホームページから訪問して、そこからどの様な就職を希望するのか、情報を登録します。そうする事で、非公開となっている求人を閲覧する事ができたり、または自分にピッタリの仕事が見つかれば優先的に紹介してもらう事ができます。

自分で求人を探して見つけるとなると面倒で手間がかかり、また効率的であるといえない事もあるかもしれませんが、医師求人サービスを利用する事で効率よく仕事を見つける事ができるでしょう。

これから医師として仕事がしたいという人は要チェックですね。

医師不足のために医師非常勤で診療を行っている総合病院は多いです。医師非常勤の場合の年収はどれくらいでしょうか。

中には掛け持ちで就業をしている医師もいます。多くの医療機関で仕事をすることができれば、それだけ忙しくはなりますが、年収はアップします。

夜勤専門の非常勤を募集しているところもありますし、多くの医療機関で関わることができれば勉強にもなります。その医療機関独自のやり方というのがあるので、使い分けるのは大変かもしれませんが、バイタリティーがある医師は多くの経験をしたいと思っていることが多いのです。

医師求人や募集関連の記事

医療機関からの医師求人情報を見逃さないで

現在の給与水準や休日数などの待遇面よりも、より良い条件の医師求人情報があれば、転職を考えるという医師の方も多いことでしょう。そのためにインターネットを利用し常にチェックして、多くの医療機関の医師求人情報を収集することが重要です。

条件の良い案件については、掲載後に間を置かずに募集が終了するといったケースも少なくありません。医療機関の発する医師求人情報はフレッシュなうちに問い合わせや申込みを行いましょう。そのために、希望する勤務条件の水準を自分なりにラインを確定させておくなど、事前の心構えも必要となります。


メニュー

クリニックの医師求人HOME 医師求人 高収入 医師求人 医師転職 検査医 医師転職 医師バイト 医師アルバイト 中途採用医師求人 医師求人選び

"クリニックの医師求人"では、小さな規模の病院の医師求人についてをメインとして、大学病院など大きな病院への医師転職や条件に合わせた働き方ができる非常勤アルバイトや医師バイトについてのコンテンツを掲載しています。当サイトについては私たちについてのページをご覧ください。

医師求人に申し込みをする際の年齢

医師求人に初めて申し込みをする際には、担当者に問い合わせをすることで、人それぞれの年齢や実務経験、資格の有無などに応じて、満足のゆく転職活動をすることができます。最近では、若い年齢の医療従事者の間で人気の高い医師求人の選び方について、数々の転職支援サイトなどで取り上げられることがありますが、複数の求人のメリットやデメリットを地道に判断することが欠かせません。

そして、熟練のスキルを有する医師の働き方に関しては、素人にとって理解しにくいところがあるため、早いうちに応募先を決めることが成功につながります。

医師求人で病院の当直募集に応募する長所と短所

医師求人で病院の当直募集に応募すると給料が良い、患者が来ない時はのんびりできるなどの長所があります。医師求人で採用されると、主に夜勤として働くことになるため、給料も自然と上昇します。また、急患がやって来ない時は、読書をしたりテレビを見て過ごすことができます。

短所は大きな病院の当直は忙しい、時期によって患者が増えることがあるなどです。大きな病院の当直は、救急車の受付先になっていると想定されるので、休む間もない状況になることがあります。ただ、その分給料が高いはずなので期待していいです。また、夏は熱中症の症状の患者が発生しやすい時期のため、仕事が急増してもおかしくないです。働くほどお金になるので、頑張ってみるのも悪くないです。

当直応相談の医師求人の選び方

当直応相談の医師求人は、まさに子育てや介護をしている医療従事者にとって、沢山の魅力があることが知られています。

近頃は、勤務時間の長さや勤務条件の良しあしに注目をする求職者が珍しくありませんが、各自のニーズにぴったりと合う医師求人の特徴を理解することが良いでしょう。

また、現在のところ当直応相談の医師求人の申し込みの時期について悩みを抱えている転職希望者が少なくありませんが、高度な医療設備が充実しているクリニックや病院などにお世話になることによって、短期間のうちに理想的な就業先を見つけることができます。

医師求人はネットで多くかけられています

医師の転職は、とても多く医師求人専用サイトまで登場しています。ネットで募集をすれば、一度に多くの人に閲覧してもらうことができるので、病院やクリニックはネットに掲載しています。

医師側もより労働環境が良い病院で働けるように、一度に多くの病院やクリニックを探すことができますし、募集要項がより詳しく掲載されているので、働きだしてからのミスマッチも防ぐことができるので、両者ともにメリットがあるので、多くの人がネットを使い、医師求人を見て転職したり、募集をかけたりして、各病院やクリニックは医師不足を解消しています。

医師求人で病院へ行った時には

医師求人で募集を見て、先行を受けに行った際には、面接の時だけ気を付けているのではなく、病院に入った瞬間から面接は始まっているような、気持でのぞみましょう。昔どこかの企業で受付嬢に面接官を置いて、先行を受けにきた学生が受付嬢にどういった対応をするのかを見て合否を決めたという例もあります。

(その人の対応の仕方を見て、社交性やコミュニケーション能力をためした。)面接をしている時だけ愛想よく、丁寧に対応していればいいやという考えでは、人と関わることが多い医師と言う職業につく事は難しいのではないでしょうか?

多様化している医師求人

医師の転職については想像以上に多く、医師転職サイトを運営しているエージェンシーや、コンサルタントも急増していることが挙げられます。そのような背景からも非常に需要があることがわかります。

一般的な企業との違いは、仕事を掛け持ちできることが公に許されている点です。医療業界においては狭い分野となりますし、医療機関によっては365日24時間の対応が求められる場でもあります。

それに加えて医師不足でありますので、助け合っていくことが前提とされています。そのような事情から医師求人においては、医師アルバイトのような非常勤があることが挙げられます。

医師求人の充実さについて

以前は医局制度があり医師は卒業後の配置先がある程度決められていました。現在はなくなり、新卒の医師は自分の希望する病院を探して就職し、卒後の研修を受けています。そのため、病院側も多くの医師に選んでもらえるようアピールや求人情報を出して、新卒や中途採用の医師の確保に努めています。

現在は医師求人のサイトも数多く見られ、自分のスタイルや目的にあった求人情報を簡単に検索できるようになりました。また、女性医師も増えており、ワークスタイルも個人によってさまざまとなってきているため、たくさんの情報を求めています。

医師国家試験について

医師法(昭和23年法律第201号)第10条第1項の規定により施行される第113回医師国家試験の情報をご紹介します。

書類受付期間2018年(平成30年)11月1日[木曜日]~2018年(平成30年)11月30日[金曜日]
試験内容臨床上必要な医学及び公衆衛生に関して、医師として具有すべき知識及び技能
試験期日2019年(平成31年)2月9日[土曜日]及び2019年(平成31年)2月10日[日曜日]
試験地東京都、愛知県、石川県、新潟県、宮城県、北海道、
大阪府、香川県、広島県、福岡県、熊本県、沖縄県
受験手数料15,300円

書類提出場所(郵送)

受験書類を郵送する場合は、下記の医師国家試験運営本部事務所に提出。

※平成30年11月30日[金曜日]までの消印有効

提出場所医師国家試験運営本部事務所
所在地〒130-0022
東京都墨田区江東橋2丁目2番3号
倉持ビルディング第2ビル6階
電話番号03-6659-9687

書類提出場所(直接持参)

書類を直接持参する場合は、各地の医師国家試験運営臨時事務所にて受付。
北海道 ランスタッド札幌支店
宮城県 ランスタッド仙台支店
東京都 ランスタッド試験監督事業部
愛知県 ランスタッド名古屋支店
大阪府 ランスタッド難波支店
広島県 ランスタッド広島支店
香川県 ランスタッド高松支店
福岡県 ランスタッド福岡支店
沖縄県 人材派遣センターオキナワ

※受付期間は2018年11月1日[木曜日]~2018年11月30日[金曜日]
午前9時~午前12時までと午後1時~午後5時まで
(土曜日、日曜日その他の行政機関の休日を除く。)
下記は大阪府の医師国家試験運営臨時事務所の詳細です。

提出場所医師国家試験運営臨時事務所(大阪)
試験地ランスタッド難波支店 国家試験係
所在地〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中2丁目10番70号
パークスタワー10階
電話番号0120-655-502
受付時間9:00~12:00、13:00~17:00

※詳細情報はこちら
厚生労働省(医師国家試験の施行について)
https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/ishi/

女性のフリーランス医師求人

最近の日本では昔に比べると女性医師も比較的増えてきています。また女性医師が働く事によって様々な働き方があります。またその中でもフリーランスという働き方の医師求人もあります。

女性医師の方々は結婚や出産や育児などがきっかけでフリーランスになる方も多いと思われます。フリーランスの特長は自分で働く時間や勤務なども選べるのもメリットの1つだと思われます。

また常勤勤務の医師よりも短時間勤務なので人間関係などでもストレスはたまりにくいかと思われます。また給与は日給で支払われる所も多いので自分のスキルにあわせて働きやすい環境となっています。

求人サイトにおける医師求人の傾向

これまでは大学病院や医局からの斡旋や紹介を通さなければ転職するすることが難しいことがおおかったようですが、最近では求人サイトが普及したことでインターネットを利用して転職活動を行う医師が増えてきているようです。

医師求人数を見てみると内科系が一番多いようです。最近では精神科の求人が増えてきているようで、職場でストレスを抱えるビジネスマンや育児ストレスを抱える女性が患者として訪れることで需要が高まったと考えられそうです。

いずれにしても自分の理想や将来的なビジョンを持って医師転職活動を行うことが大切かもしれません。

医師求人が多い科目について

医師求人は気軽に転職サイトなどから閲覧することが可能となりますが、医師募集している科目によって求人数に違いが見られるようです。

内科系が求人数が一番多く、ついでその他科、外科系と求人数に違いが見られます。内科系の求人数が多い背景には、受診する患者さんの数の多さが影響していると言われ、逆を言えば内科医が不足している状態であることも考えられます。

医師不足と言われると、小児科や産婦人科をイメージしがちですが、一般内科が一番医師が不足している状態であるようです。医師不足対策が取られれば、医師の体への負担も減らすことが考えられるかもしれません。

医師求人募集からみる就職事情

全国的に慢性的な医師不足が叫ばれている昨今ですが、医師の就職や転職においては売り手市場であると言われています。医師求人のピークは10月から12月頃であり、医師が自ら病院やクリニックを選ぶことができるようです。

医師求人サイトはもとより医師募集の言葉は病院やクリニックのホームページにも掲載されているため、より医師不足が懸念されていることが伺えます。

仕事探しの目的は三者三様ですが優位に仕事探しができるわけですので、医師求人とのミスマッチを避け、ライフスタイルに合った職場を見つけることも念頭に置いておきたいものです。